ぐーちょきぱんのマーク

私がパン先生修行中、一番苦労したのが実は丸パンです。
シンプルな材料と、シンプルな形。
基本のパンで、まずはここからのパン。

始めは生地がつまって、ギュッとした食感の丸パンばかり焼いていました。
底も割れて、ペタンとしてて・・・汗
それでもパンを焼く事が楽しくて嬉しくて。

でも焼いていく内に、こんな事やってみたら良くなったとか。
もっとこうすればああなるんじゃないか。とか
どんどん改善したくなるんですよね。

理論がわかっていても、うまくいかない事があると知ったのも丸パン。
わかってても悩んで焼くより、何にも考えずに鼻歌歌って楽しんでた時の方が上手な時も。

何回も焼いて焼いて焼いて・・・その度に勉強して、実験して、記録して。
丸パンから沢山学びました。

友人たちに味見してもらって、丸パンってこんなに膨らむんだ!
フワフワしておいしい~!って驚いてくれた事。
白崎先生にチェックしてもらい「うん、合格!!(ニコッ!!)」と言われた時は、すっごく嬉しかった。
やっと次に進む切符を手にした気分でした。

そんな丸パンをモチーフに、ゆっくり冷蔵発酵している生地を表しました。
パンは生き物。まるまった生地は赤ちゃんの肌みたいで、ふわふわと膨らんでいく様子は子育てのよう。
表情を足して、微笑んでいて(パン作りの楽しさ)
穏やかな(ゆっくり発酵している様子、自分で作る安心)表情にしました。

また、子どもの横顔によりそうママと子にも見える(だまし絵みたい?)。
お月様に見える所もお気に入り。パンの中で起こっている事はまるで宇宙の様に未知だから☆

そんな思いを込めて描いたマーク。

…だけど夫は“はんぶんマン”という変なあだ名をつけて呼んでいます。(ヒドイ 笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。